ダイエットレシピの基本を簡単に述べるとすれば、バランスのとれた食事と適度な運動となりますが、短期間で急激に痩せる方法は避け、
徐々に食事の摂取カロリーを減らしながら消費カロリーを増加させることができる、ダイエット法をレシピとして簡単につくり上げることに心がける必要があります。

また、ダイエットレシピは簡単にカロリーコントロールできる方法に重点を置き、痩せるための努力を根気強く実践できることが大切となりますが、
知識の浅い人が安易な考えでダイエットレシピを簡単に取り上げてしまうと間違えを招く場合があります。

間違ったダイエットレシピによる簡単さを理由に、それを実践したことによって引き起こす過食症や拒食症は摂食障害の原因となり、健康を損ねたり害を及ぼすことにつながります。
そのため、健康に注意しながら長期的に痩せることができるダイエットレシピを簡単にまとめあげる工夫が必要で、その代表的なものに食材に含まれる栄養素とその効果を紹介したものが数多くあり、
豆腐やこんにゃく、もやしや納豆などを利用したダイエットレシピを簡単にまとめ上げています。
豆腐は高たんぱく低カロリーな大豆食品で、ダイエットレシピの中でも簡単に調理できるものが多いことで知られており、摂取カロリーの削減に最適な食品です。

豆腐を使用した料理はバリエーションが豊かで価格も手ごろな点に魅力があり、肥満や骨粗しょう症などの予防や改善に優れた効果を発揮するイソフラボンが豊富に含まれています。
こんにゃくは低カロリー食品として有名で、主原料となるこんにゃく芋を使用したさまざまな健康食品がメーカーから発売されています。

こんにゃくは摂取カロリーの削減のほか、脂肪の吸収を抑えて腸壁の刺激によって排便効果を高める食物繊維が豊富に含まれ、血糖値の急激な上昇を抑えることから、糖尿病の食事に多く利用されています。
もやしはヘルシーなダイエット食としてレシピで簡単な調理メニューを数多く有していますが、低カロリーに加えてボリューム感があることから、かみ応えが得られて脳の満腹中枢を刺激することができます。

もやしにも摂取カロリーを削減する効果や排便効果を高める作用があり、食物繊維も豊富に含まれています。

納豆は日本伝統の発酵食品として日本食の代表として最近では外国人にも人気がありますが、手ごろな価格で肥満などの予防や改善に効果を発揮するイソフラボンが豊富に含まれており、
脂肪の吸収もしっかりと行ないます。
食材に含まれているさまざまな栄養素を活用して、だれでも実践できるダイエットレシピを簡単に紹介しながら、その食材の特長をもう一度見直してみましょう。